第21回 究極のカメラストラップ

第21回目の更新です。

ブライト・フォトスタジオ(いぬづか写真室ノボテル甲子園店)カメラマン鎌内です。
写真バカの2回目です。
僕は写真バカであって決して機材おたくではないのですが、機材なくして写真は撮れません。使う道具にもそれなりの使い勝手と愛着というものがあります。

今回ご紹介するのはカメラじゃなくてカメラストラップです。

僕はカメラを買ったら付いてくる「CANON Digital」とか「Nikon D800」とか、メーカー名や機種名を大書したストラップが苦手なんです。周囲から見ると「ああ、やっぱりプロは(一流メーカーである)キヤノンやニコンを使うんだなぁ」という安心感があっていいのかもしれませんが、ヒネクレモノの僕は、どうもアレが照れくさくて苦手。メーカー名大書してない無地に近いストラップが好きです。
で、ずっとドンケというメーカーのストラップ(布地にゴムを織り込んで滑りにくくしてある)をどのカメラにも愛用していたのですが、最近、それとは別の、すばらしい製品に出会ったのです。

じゃじゃん。
a1

まぁ、これもメーカー名書いてますけどね、「ARTISAN & ARTIST」って。でもこれくらい小さければアリです。
アルティザン&アーティスト(A&A)といえば美容師さんが使ってるメイクバッグの有名メーカーですが、実はそこの社長さん、カメラ好きが嵩じてカメラバッグやカメラストラップも作っているのです。
このA&A社の「イージースライダー」というストラップが、素晴らしく使い勝手が良い。
僕は自転車通勤野郎(ただしママチャリ)なのですが、このせっかく往復1時間以上の通勤時間に写真を撮らない手はありません。
しかし、肩からタスキ掛けにカメラを掛けて自転車に乗っていると、ストラップを長くすると自転車や太ももにカメラが当たるし、短くしているといざというとき撮りにくい。
簡単に伸縮するストラップがあるといいなぁ、と思っていたら、これに出会ったのです。
ストラップに取り付けられたD管を引っ張るだけで、簡単に伸縮します。

a2
自転車をこぐときは短く、撮るときは長くしてパシャリ。
これは優れモノです。

(A&A社以外にも伸縮するストラップ、何社か発売されてますが、どこも縮めたストラップの端がだらんと飛び出る仕様なんです。
A&Aのイージースライダーは伸縮部がループ状になっていて、余剰部が外に出ないのです。これが素晴らしい)

ちょっとお高い(7000円前後)のでまだ1本しか買えてないのですが、こないだ買った「究極のコンデジ」(EOS kiss X7)用にももう1本欲しいなぁと、昼ご飯を質素にして倹約している最中です。

自転車乗りたい、写真も撮りたい、という人におすすめですよ(あまりいませんか、そんな人)。

本店外観ブログ用

(株)いぬづか写真室 本店
〒662-0974 兵庫県西宮市社家町1-1 TEL0798-35-6363
いぬづか写真室公式ホームページ
ブライト・フォトスタジオ公式ホームページ

広告