第137回 十三祝い(十三参り)

いぬづか写真室です~(*´艸`*)

4月に入り七五三前写しや成人式の前写しも多いですが、みなさま十三祝いはご存知でしょうか(○´・ω・`)?

十三祝い(十三参り)とは、、、

数え年で13歳になった男女が成人の儀礼として、健やかに成長したことを感謝し、知恵と福徳を授かるため「虚空蔵菩薩(こくうぞうぼさつ)」にお参りをする行事です。
13歳という年齢は、自分の生まれ干支が一巡し、もとの干支に戻る年であり、男女ともに最初の厄年に当たります。
関西地方(特に京都)では七五三と共に子どもの風習として盛んに行われています。男の子は羽織袴、女の子は振袖が正式な服装になります。
お参りの期間は、3月13日~5月13日の間とされています。
虚空蔵菩薩が 13 番目に誕生した菩薩であることから、その縁日の旧暦3月13日(4月13日)にお参りするようになりました。現在では4月13日にお参りできるとは限らないので、卒業、入学のお祝いもかねてその前後一ヶ月の頃にお参りするようになりました。近年では受験の近づく時期として秋のお参りも増えています。

七五三と成人式との間のお着物を着る機会として年々お写真に残される方が増えてきています~(o´・ω・o)σ

スライドショーには JavaScript が必要です。

かわいらしさと少しお姉さんお兄さんになった表情でのお写真はとっても人気です!
お参りはちょっと大変だから写真だけ。。なんて方もたくさんいらっしゃいます☆☆

いぬづか写真室の十三祝いのキャンペーンはこちら♪♪♪

十三参り女子

160614十三参り男子outline

女の子だけでなく男の子もしていますので詳しくはお問合せください~~~(´•ω•`♥)



本店外観ブログ用

(株)いぬづか写真室 本店
〒662-0974 兵庫県西宮市社家町1-1 TEL0798-35-6363
いぬづか写真室公式ホームページ
ブライト・フォトスタジオ公式ホームページ